プレスリリース

Crown Bioscience Teamの最新ニュースをご覧いただけます

本資料は、Crown Bioscience Inc.が 2020 年 6月 19 日に発表したプレスリリースの和文抄訳であり、内容につきましては英語原文が優先されます。

革新的なCrownBio Virtual AACR 2020 とTradeshowを開催

June 19, 2020

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

〜新しい腫瘍学および腫瘍免疫学の前臨床研究をVirtual AACRイベントで発表〜

サンディエゴ発 – June 18, 2020 — Crown Bioscience(以下「CrownBio」)は革新的なCrownBio Virtual AACR 2020 ConferenceとTradeshowを 6月22日から25日まで開催することを発表した。このVirtul Eventには、基調講演、CrownBioのAACR 2020ポスターへのアクセス、展示ブース等、主要な学術学会のすべての要素が組み込まれている。

AACR Virtual Annual Meeting IIの開催に合わせ、この独自のフォーラムではCrownBio単独研究及び共同研究による13のAACR 2020ポスター発表を取り上げる。発表内容は腫瘍オルガノイド、オルガノイドエンジニアリング、イメージング法を用いたシンジェニックモデル及び腫瘍ホモグラフトモデル、ヒト化モデルを含む前臨床腫瘍学および免疫腫瘍学のトピックであり、ポスターの著者が質問に答える。イベントへの参加は無料、CrownBio.com/AACR20での事前登録が必要となる。

基調講演のハイライトは、CrownBioの最高科学責任者であるHenry Liによる患者由来オルガノイド(PDO)を用いた創薬研究、バイオマーカー探索、in vitroにおける創薬のためのin silicoでの応用、 免疫療法の毒性学評価プラットフォームをテーマとした発表である。

CrownBioのマーケティング部エグゼクティブディレクターであるGavin Cooperは 以下のように述べている。「世界的に困難な時期に直面していますが、私たちは科学的な議論と創薬を促進することに注力しています。私たちの革新的なイベントは、可能な限り実際に会議に参加しているように体験していただけるように設計しています。イベントでは、すべてのリソース、ポスター、及び科学者チームにリアルタイムでアクセスいただけます。」

本イベントでは、リアルタイムでのお問い合わせ、科学的なディスカッションのためのScientific Loungeも用意されている。展示ブースでは、オルガノイド、バイオマーカー探索、バイオインフォマティクス、患者由来異種移植モデル (PDXモデル)等のサービスを紹介する幅広いCrownBioリソースへにアクセスが可能である。 本イベントの登録は、CrownBio.com/AACR20にて開始されている(登録無料)。

報道関係者向けの問い合わせ先:
Crown Bioscience
Jody Barbeau
pr@crownbio.com