プレスリリース

Crown Bioscience Teamの最新ニュースをご覧いただけます

本資料は、Crown Bioscience Inc.が 2020 年 4月 14 日に発表したプレスリリースの和文抄訳であり、内容につきましては英語原文が優先されます。

CrownBio 経営幹部リーダーシップ変更を発表

April 14, 2020

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

サンディエゴ発 – April 14, 2020 — Crown Bioscienceは、Jean-Pierre Weryを取締役会の執行委員長に任命することを発表した。WeryはJSR Life Sciences, LLCの最高技術責任者(CTO)も務める。

JSRは前臨床マーケットにおけるライフサイエンスポートフォリオを拡大するため、2018年にCrownBioを買収した。Weryはこの新しい役割で、戦略的な相乗効果を特定し、創薬やバイオマーカーの研究機関向けの革新的な技術、プラットフォーム、ツールを開発するためのJSR Life Sciencesグループの協業を主導する。このリーダーシップの変更により、CrownBioとJSR Life Sciences関連会社間の協業が強化され、すでに広大なライフサイエンス拠点をさらに拡大する。

CrownBioは2020年4月1日よりWeryの後任の最高経営責任者としてArmin Spuraを任命した。SpuraはCEOとしてCrownBioのグローバル企業戦略を推進し、腫瘍学、代謝性疾患、炎症性疾患における最先端前臨床研究サービスをさらに強化する。

Weryは以下のように述べている。「私は、CrownBioを世界をリードするグローバルな前臨床CROに成長させるにあたり様々なチャレンジを受け入れ、楽しんでいます。今こそ、会社を革新と成長の次の時代へと導くために、Arminに手綱を引き渡すのにふさわしい時です。」

CrownBioは、創薬とバイオマーカー探索の領域において主要な受託研究機関(CRO)であり、アジア、米国、ヨーロッパの拠点で利用可能な革新的な製品ポートフォリオを提供している。 現在、CrownBioは700人を超える従業員を雇用している。

Spuraは以下のように述べている。「CrownBioに加わり、お客様のための新しいソリューションを開発するための先駆的なアプローチを継続できることを嬉しく思います。CrownBioは前臨床CROの中でユニークに革新的であり、その革新は私たちのアイデンティティ、成長、および市場のリーダーシップポジションの中核であり続けると思います。」

報道関係者向けの問い合わせ先:

Jody Barbeau
Crown Bioscience Inc.
pr@crownbio.com