創薬研究のための
HUB オルガノイド

患者組織に由来するオルガノイドを用いたIn Vitro スクリーニング

創薬研究のためのHUB Organoids

HUB Tumor Organoids with representative colorectal example当社は、Hubrecht Organoid Technology (HUB)のオルガノイド技術とHUB腫瘍オルガノイドバイオバンクを用いた創薬研究及び検証サービスを提供するため、HUBと独占的パートナーシップを締結しました。

臨床予測性が高い3D in vitroモデル

In vivoモデルである患者由来異種移植片(patient-derived xenograft, PDX)の豊富なコレクションから作成された、患者組織に由来する独自のin vitroモデルを用いることで、初期段階の医薬品開発の臨床予測性を高めてください。 患者腫瘍組織移植由来オルガノイド(PDX-derived organoid, PDXO)は、HUB Organoidプロトコルを使用して開発され、モデルの堅牢性と再現性を保証します。迅速でよりデータに基づいたIn vitroからin vivoへの移行のため、PDXOは相当するPDXモデルを有します。増え続ける PDXOコレクションには、オルガノイドのデータベースであるOrganoidBaseからアクセス、検索、選択することができます。OrganoidBaseでは光学顕微鏡データ、ゲノムデータ、トランスクリプトームデータ、及び薬理学データを照合します。

PDXOを用いる主な利点

  • In vitro モデルのPDXO と相当する in vivo モデルのPDXを組み合わせた独自の前臨床ワークフローにより臨床予測性を向上させ、創薬研究を加速する
  • 標準的なin vitroモデルに比べ臨床予測性が高く、in vivoプラットフォームよりも早く生成される
  • アノテートされたPDXOの豊富なライブラリーのハイスループットスクリーニングを介して、患者集団の多様性をモデル化及び反映する
  • 薬剤の併用戦略を評価し、in vivoモデル選択を容易にするための大規模なスクリーニングが可能となる

HUBオルガノイドモデル

当社のサービスでは、腫瘍細胞と相同する正常細胞から開発されたHUB成体幹細胞由来のオルガノイドを独占的にご利用いただくことができます。Clevers Labにて開発されたHUBの成体幹細胞由来のオルガノイドは、高度に標準化された独自の培養方法にて生成されます。 オルガノイドは、患者の腫瘍を忠実に再現し、病理学、ゲノミクス、既存薬及び被験薬に対する感受性等の豊富なデータを有しています。

HUBの患者由来オルガノイド(patient-derived organoids, PDO)は、2020年にCrownBioで利用可能となる予定です。

オルガノイドメーリングリストにご登録ください

オルガノイドとHUBオルガノイドに関する最新情報、ニュース等の情報をお届けするため、右のフォームにご連絡先情報をご登録ください。