創薬研究のためのオルガノイド

腫瘍オルガノイドとHUBバイオバンクを使用した
包括的な創薬関連サービス

HUBオルガノイドモデル及び患者由来オルガノイドを用いた
オンコロジー領域における前臨床スクリーニングサービス

当社は知的財産保護されたHubrecht Organoid Technology(HUB)プロトコルにて作製された独自のオルガノイドモデル、及びすでに確立されている患者由来オルガノイドpatient-derived organoids, PDO)のHUB保有のバイオバンクを使用し、前臨床での腫瘍薬開発と検証サービスを独占的に提供しています。HUBは、成体幹細胞由来のヒト上皮組織から「ミニ臓器」(HUB オルガノイド) を作り出す方法を発見したHans Clevers教授の先駆的研究を活用しています。オンコロジー領域における創薬プログラムに、最も臨床外挿性が高い3D in vitroモデルを組み込んでください。

当社のオルガノイドサービス

  • 有効性評価、モデル選択、併用治療を評価するための大規模スクリーニング
  • 非自己免疫細胞と共培養された患者関連の3D in vitroモデルを組み込んだ唯一の免疫腫瘍学プラットフォームを使用した免疫療法評価

HUBオルガノイドの主な利点

  • 臨床的に関連し、前例がない患者の治療反応予測性を示すオルガノイドモデルを用いて、3D in vitroデータの臨床外挿性を向上させる
  • In vivoトランスレーショナル腫瘍プラットフォームに比べ迅速かつ拡張性が高いオルガノイドを用いて短期間で結果を得る
  • 複数の腫瘍オルガノイドモデルを同時にスクリーニングすることにより、患者集団の多様性をモデル化及び反映する
  • In vitroにおける薬物の有効性及びオフターゲット効果を評価するために腫瘍オルガノイドと正常オルガノイドの両方を用いる

創薬研究のためのトランスレーショナル3D in vitroモデル

HUBの成体幹細胞由来のオルガノイドは、Clevers Labで開発された高度に洗練された独自の培養方法を使用して、患者腫瘍と正常組織から作製されています。HUBプロトコルを用いて作製されたオルガノイドは、元の患者の組織及び分子病理を忠実に再現し、創薬研究での患者反応性の予測を高めます。

HUBの確立されたバイオバンクから、乳がん、結腸直腸がん、膵臓がんをカバーする、急速に拡大する患者由来HUBオルガノイドコレクションから選択してください。

PDX由来オルガノイドを用いて適応症を拡大してください

HUBプロトコルにより作製されたPDX由来オルガノイド(PDX-derived organoid, PDXO)を介して、適応症、変異、及び薬理学的プロファイルの豊富なレパートリーにアクセス可能です。

Organoids for Oncology Drug Development

堅牢で再現性のあるPDXOモデルは、データが豊富な幅広いPDXコレクショから作製されています。In vitro PDXOとin vivo PDXモデルを合わせることにより、予測性が改善された独自の前臨床ワークフローを提供し、より迅速でデータに基づいた研究を可能にし創薬プログラムを加速します。

オルガノイドデータベース: OrganoidBase

当社の新しいオルガノイドデータベースであるOrganoidBaseを用いることによって、拡大し続けるオルガノイドのコレクションの照合光学顕微鏡学、ゲノミクス、トランスクリプトミクス、及び薬理学のデータ等が利用可能です。

研究ニーズに合わせたオルガノイドをOrganoidBase より検索してください。

OrganoidBaseにアクセスする