当社のサービス内容

CrownBioは、臨床候補化合物の決定において、
迅速かつ科学的な判断を下せるように支援いたします

迅速かつ科学的な意思決定を可能にします

腫瘍学、炎症性疾患、心血管・代謝性疾患に関する当社の「トランスレーショナルプラットフォーム」により、候補化合物の有効性、薬理学的プロファイルおよび患者反応プロファイルの理解を深め、臨床段階での開発中止を減らし、適切な患者さんに適切な治療を選択するサポートをします。

当社では、ペースの速い研究開発プログラムにより、疾患研究において、新しいながらも十分に検証されたモデルを生み出しています。当社独自のMuPrime™モデル、ヒト化遺伝子改変マウスモデル(HuGEMM™)、造血幹細胞-患者由来異種移植片( Patient-derived xenograft,PDX)モデルは、最先端の免疫腫瘍学をリードしています。非アルコール性脂肪肝炎、非ヒト霊長類及びげっ歯類のモデルの開発は、心血管・代謝疾患の創薬に関して独自のプラットフォームを提供しています。

次の臨床試験を成功に導きます

PDXモデルを用いること、及びPDXモデルをヒト臨床試験のサロゲート試験として第II相臨床試験に類似した「マウス臨床試験」に用いることが、なぜ今日の腫瘍学における創薬のパラダイムを変えようとしているのか、ご確認ください。

代謝性疾患における次世代医薬品の開発における大きな課題は何でしょうか?抗糖尿病薬の創薬研究を行っている組織が当社の非ヒト霊長類モデル及びげっ歯類モデルに着目している理由をご覧ください。

当社は、ぜひお客様の創薬研究のお力になりたいと思っています。