リーダーシップチーム

当社のリーダーシップチームのご紹介

CrownBio のリーダーシップチームは製薬業界に関する深い知識を有し、米国のトップ製薬企業の研究開発及び前臨床プログラムの主要部門とのビジネス構築と運営における豊富な経験を有しています。当社の目標は製薬企業、バイオテクノロジー企業及び医療機器メーカーに対し、迅速で費用対効果の高い前臨床研究サービスを提供することです。

Jean-Pierre Wery, Ph.D.

CHIEF EXECUTIVE OFFICER

CrownBio に入社する前は、Weryはタンパク質バイオマーカーの発見と開発を専門とするMonarch Life Sciences にてChief Scientific Officerを務めていていました。それ以前は、Vitae Pharmaceuticals, Inc. にて3年間、コンピューター創薬担当副社長を務めました。Vitae の前はEli Lilly and Company に12年間在籍し、様々な科学職および管理職を歴任しました。Weryは、ベルギーのUniversity of Liegeにて、学士号及び物理学の博士号を取得しました。博士号取得後、Purdue UniversityでJack Johnson 教授の下で研究に従事しました。Wery は、50を超える著書を執筆しています。


Dr. Yangzhou Wang (王泱洲)

CHIEF OPERATIONS OFFICER

王は、世界各地のCrownBio拠点で最高レベルの運用を保証する全体的な責任を負っています。CrownBio に入社する前は、WuXi AppTecの国際販売および事業開発部門のVice Presidentを務め、WuXiの国際試験事業のP&L責任を負い、販売、マーケティング、技術販売の専門家チームを構築し、それらを率いていました。WuXiの前は、Life Technologies / Applied BiosystemsのM&A /統合および企業ビジネス開発のリーダーであり、がんゲノム情報学企業の統合と、ゲノムを使用したがん診断を推進するための学術センター及び製薬会社のグローバルネットワークの開発/管理を担当しました。また、Life Technologiesの前は、Hewlett Packard Laboratoriesのマネージャー、Hauptman Woodward Medical Institute/SUNY Buffaloの助教授を務めました。王はRoswell Park Cancer Institute and an M.Engから細胞分子生物学の博士号、University of Colorado at Boulderからコンピューターサイエンスの博士号を取得しています。


Henry Li , Ph.D.

CHIEF SCIENTIFIC OFFICER

Liは、CrownBioのGlobal Scientific Research and Innovation部門を率い、創薬及びトランスレーショナルリサーチのための、新しく革新的な製品およびサービス提供に注力しています。Liは、当社の患者由来異種移植(PDX)を用いたトランスレーショナルオンコロジープラットフォーム拡大を成功に導き(2011-2016)、Biomarker and Diagnostic Technologies 部門を率いて、正確ながんの診断、予測、免疫腫瘍バイオマーカーの検出と定量、希少細胞の同定と特性評価のための独自の新しい技術を開発しました(2016-2018)。

CrownBioに入社する前は、がんおよびウイルス感染領域において、バイオ医薬品、学術研究開発、米国を拠点とするバイオテクノロジー企業において、20年以上のR&Dディレクター/シニアディレクターとしての経験があります。Liは現在、Peking University-State Key Laboratoryで客員教授でもあります。

LiはUniversity of California (Irvine)にて分子生物学/生化学の博士号を取得し、UCLA医学部で博士号取得後のトレーニングを完了しました。Liは60を超える著書を出版し、バイオ医薬品分野で3冊の本を編集しました。Current Signal Transduction Therapyの編集委員でもあります。


Eva Ho

CHIEF FINANCIAL OFFICER

Ho は2016年6月にChief Financial OfficerとしてCrownBio に入社しました。当社のグローバルのファイナンス組織を牽引する責任を担っており、Executive Committeeのメンバーを務めています。

Hoは複数の業界において、多国籍企業での財務指導者としての経験を有しています。CrownBio に入社する前は、TWi Pharmaceuticals のCFO、Acer Computer のCFO兼広報担当者、 The Test Rite Group のEVP及びCFOを歴任しました。その前は、Sun Microsystems, Inc. およびOracle にて上級財務管理職に就いていました。

HoはUniversity of Denverにて会計学の経営学修士号、国立台湾大学にて経済学の学士号を取得しています。また、米国コロラド州の公認会計士資格を有しています。


Yixin (Jim) Wang,M.D.

SENIOR VICE PRESIDENT CARDIOVASCULAR AND METABOLIC DISEASES (CVMD) RESEARCH; PRESIDENT OF CROWN BIOSCIENCE LOUISIANA (CBLA), INC.

王は、1987年にBoston Universityでポスドク研究員として研究者としてのキャリアをスタートしました。1992年にMemphisのUniversity of Tennesseeで助教授になり、1996年まで勤務しました。1990年から2008年までは大手製薬企業(GSK, Roche, Schering/Bayer AG)にて、科学者、上級科学者、および主任科学者として、2008年から2009年までは新規バイオテクノロジー企業(Arete Therapeutics, Inc.)にて薬理学のディレクターとして勤めました。

王は、2010年にCrownBioにCVMD研究部長、心臓血管および代謝疾患(CVMD)研究のSenior VP、Crown Bioscience Louisiana (CBLA), Inc.の社長として入社しました。研究論文、依頼総説、書籍など約100の著書を執筆し、糖尿病、代謝性疾患、心不全、腎不全、高血圧、血栓症、血友病、アテローム症、脂質異常症、血行力学、薬物動態、薬力学、安全性薬理等の分野において特許申請を行いました。

王は初期のターゲットの発見と検証、化合物(高分子および低分子)の発見、選択とプロファイリング、INDファイリング、第I相及び第II臨床試験まで、医薬品研究開発のすべての段階に携わってきました。


Leon Hall, Ph.D.

VICE PRESIDENT OF GLOBAL SCIENTIFIC EXCELLENCE

Hallは以前、CrownBioのSenior Scientific Directorを務め、Global Scientific Excellence Initiativeを率いていました。 Hallは、Global Quality Council 、及び腫瘍学、免疫学、炎症、心血管疾患、代謝性疾患の研究を統括するGlobal Scientific Councilsを設立しました。 Hallの努力により国際基準が保証され、科学のイノベーションと研究開発におけるコラボレーションが促進されました。

Hallは 英国University of Leicesterにて分子病理学及び毒性学の博士号を取得しました。 15年を超えるげっ歯類研究の経験を有し、免疫学および免疫腫瘍学におけるヒト化マウスモデルにおける業界リーダーとされています。


Michael Prosser

VICE PRESIDENT CORPORATE DEVELOPMENT AND GLOBAL MARKETING

Prosserは、受託研究及び国際的な医薬品開発の豊富な経験を活かし、CrownBioのCorporate Development and Strategy departmentを率いています。以前は、ヨーロッパにおけるCrownBioの立ち上げを監督し、その後、英国と米国サンディエゴの両拠点を統括しました。

CrownBioに入社する前は、Accelera(Nerviano Medical Sciencesの前臨床CRO)、MDS Pharma Services、およびSNBL USA, Ltdでグローバルビジネス開発及び製品マネジメントチームを構築する多くの役割を担っていました。また、SNBL USAの親会社である新日本科学にて国際ビジネスに携わり、ロンドンのEisai Pharmaceuticalsでは研究者として勤務しました。

ProsserはUniversity College Londonにて応用分子生物学およびバイオテクノロジーの修士号、University of Dundeeにて薬理学の学士号を取得しました。