Crown Bioscience Inc.

CrownBioはトランスレーショナルリサーチを通じて創薬研究開発を支援し、ソリューションを提供するグローバル前臨床試験受託CROです。CrownBioの疾患関連モデルと予測ツールの幅広いポートフォリオにより、腫瘍学、代謝疾患、炎症性疾患領域におけるより優れた開発候補化合物の選定が可能となります。


Clarity with
CrownBio

次の臨床候補薬を見極めてください

CrownBioのトランスレーショナルプラットフォームを用いることで、治療に適した患者を特定することが可能となります。ヒト疾患と個体群動態を模倣するモデルを持つことは、腫瘍学、炎症性疾患、または代謝性疾患の治療に関係なく、有望な候補化合物を成功する臨床候補に移行させるための鍵となります。

Begin with the
end insight

Connecting science to patients.

CrownBioは他社を凌駕する豊富な経験を武器に、腫瘍学、炎症、心血管疾患及び代謝性疾患領域における最難関な課題を解決すべく研究を支援いたします。

早期の抗がん剤開発におけるバイオマーカー探索

NEW WHITE PAPER: 3 Preclinical Strategies to Identify Predictive Cancer Biomarkers

早期の抗がん剤開発におけるバイオマーカー探索と検証のための3つの戦略をご紹介いたします。前臨床トランスレーショナルモデルをバイオマーカー同定に活用する方法、臨床成績改善のために前臨床バイオマーカーを臨床に外挿する方法を解説しています。

3D In Vitro創薬:いつ、どのように腫瘍オルガノイドを使う?

ON DEMAND WEBINAR

3D In Vitro創薬:いつ、どのように腫瘍オルガノイドを使う?

本セミナーでは、in vitro 創薬におけるモデルの特徴、利点、制限を考慮して医薬品開発プログラムに適した3D in vitroプラットフォームを選択する方法をご紹介いたします。また、利用可能な3D in vitroモデルの主な機能と相違点を概説いたします。 オルガノイドがどのように創薬スクリーニングのアプローチを変えているかに重点を置き、新薬開発の各ステップでオルガノイドと標準3Dモデルを用いる時期について議論します。

主なサービス